PAGE TOP

ミクロ精度の熱間・温間・冷間圧造技術による自動車部品の製造

自動車圧造パーツPressure parts

自動車圧造パーツ

フセラシは、日本の自動車メーカーで作られる車のねじ部品を数多く手掛けています。
これら多種の精密ナットで利用される圧造技術を駆使し、様々な自動車部品を開発・製造しております。

※各部位をクリックすることで、各種部品をご覧いただけます。

ハンドル部品

ハンドルボス【熱間圧造+冷間鍛造部品】

pop00001

ハンドル部分とステアリングコラムを締結するのに使用されます。

ハンドル部品

EPS(電動パワステ)部品【冷間圧造+冷間鍛造部品】

pop00001

ハンドルを回す力を補助する為に用いられる電動式パワーステアリングの構成部品として使用されています。

ホイール部分

ホイールナット

pop00001

ホイールをハブ(シャフトと結合して車輪を取り付けるボス)に固定するナットです。

ホイール部分

スピンドルナット

pop00001

非駆動輪(FF車の後輪やFR車の前輪)の回転中心軸となる、車軸の部分を締結するナットです。

エンジン部分

フレアナット【冷間圧造+冷間鍛造部品】

pop00001

ディーゼルエンジンのコモンレールなどに締結されるナットです。燃料の噴射管とつなぎ管の締結に使われています。

エンジン部分

カバコン【特殊形状鍛造部品】

pop00001

エンジン~トランスミッション間でトルクの伝達と増幅を行うトルクコンバーターのカバーに溶接して使用されます。

シートベルト部品

トレッドヘッドEAストッパー【特殊形状鍛造部品】

pop00001

シートベルトのリトラクタ(ベルトを巻き取ったり、緊急時にロックさせたりする巻取装置)の構成部品として採用されています。

ブレーキ装置部品

ブレーキ調整アジャスターアッセンブリ【特殊形状鍛造部品】

pop00001

ドラムブレーキの構成部品です。フセラシでは各パーツの組み付けを行い、写真のような形にして出荷しています。

シャーシー部分

コンプラシャフト、コンプラカラー【特殊形状鍛造部品】

pop00001

サスペンションメンバー(サスペンションリンク類を支持する骨格)においてアームに固定して使用され、制動時の安定性を確保しています。

シャーシー部分

防振ゴム鉄芯部品【冷間圧造部品】

pop00001

防振ゴムを巻いて使用され、衝撃を吸収する役割を果たします。