PAGE TOP

ミクロ精度の熱間・温間・冷間圧造技術による自動車部品の製造

先輩社員の紹介Voice

先輩社員の紹介

profile001

仕事内容

profile001-01

顧客より頂いた自動車部品の製品図面を基に、その製品の工程設計・金型設計・試作開発を手掛けており品質・コストも考慮しながら、より良い製品が安定して生産できるようにするための業務に携わっています。
製品図面通りの形状・寸法に仕上げようとする為に、鍛造解析シミュレーションを用いて工程・金型形状の検討を進めて行きますが、なかなか思い通りに行かず、何度もトライ&エラーを繰り返しながら、最適な物造りの条件を探って行きます。
しかし実際に金型を製作し、試作を行うと、解析通りに行かない時も多々あり、再検討をするなど、試行錯誤しながら物造りするところがとても難しいです。
しかし頭を悩ませ苦労した分、自分が設計した製品が完成した時の達成感は、この仕事の醍醐味と言えます。

仕事をする上で心掛けている事

私が仕事をするうえで心掛けていることは、careful(注意深い)です。
私が製図した図面にて金型が製作され、その金型が機械に取り付けられ生産する事になるので、誤って寸法記入間違いや、材質選定ミスをしてしまうと、事故が起こってしまう可能性があります。
常に危険と隣り合わせということを肝に銘じ、チェックを怠らないようにしています。

profile001-01

今後挑戦してみたいこと

profile002-03

来年からフセラシグループの中で躍進を続けている海外拠点であるアメリカ(F.I.T)への赴任が決まっており、現地では日本駐在員が少なく、一人一人の役割が多いため、今までの技術職だけではなく、色々な分野にまで活躍の場を広げていきたいです。
その中で、まずは現地スタッフとのコミュニケーションを大切にし、日本国内との情報共有をタイムリーに行い、アメリカと日本のパイプの役目を果たせればと思っています。今までは先輩方に頼っていた技術面でも、現地では技術スタッフが私ひとりとなる為、様々な事を自分で判断する必要が出てくるなど、不安な点が多々ありますが、今までに経験してきたことを最大限に活かし、頑張っていきたいです。

就職活動中の皆さんへ

就職先を決める事は、自分の将来を左右する重要な活動だと思います。
まずは自分の得意分野は何か、どんな事に興味を持っているかなど、自分と向き合ってみると良いと思います。
自分の苦手な事よりも得意な事であれば、それを伸ばしていこうと頑張れると思います。
自分が出した答えに悔いが残らぬように、頑張ってください。